-

自動車の事故発生した場面で、自分が交通事故の被害者であっても、向こう側が非を全く受諾しないことは数限りなくみられます。一例として、わざと起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで相手の自動車を当てられた場合などにこういう言い合いになってしまうケースがありそうです。かといってその場所で自動車のみの損害片付けられて後で症状が出た際に、病院の証拠書類を警察に出すというのは対処が遅れる感はしょうがなくなります。そうであるなら、自動車の事故の過失割合の結論にはどのような判断基準が設けられているのでしょうか?厳密に申しますと、警察が確定するのは交通事故の大きな過失が考えられるのは関係したドライバーのどちらかという責任の所在でありどちらに何割過失があるのかというわけではありません。その上、決められた事故の過失者が警察署から明確にされる事は事はないです。そのため、過失割合は事故にあった両者の話し合いの結果によって決定され、この事が事故の賠償の基準となる訳です。この場合、お互いが任意の保険に加入していなかった場合は、両方が真正面から交渉します。当然の事ながらそういう調整では、非理性的なやり合いになる危険性が高いです。この上、お互いの主張に隔たりがあれば悪くすると、裁判沙汰に突入しますが、貴重な時間と費用のかなり大きな無駄となってしまいます。多くの状況で、事故に関係する事故当事者に付く自動車保険会社、このように双方の保険の会社に交渉を任せる手立てで、相応しい過失の割合を丁寧に決定させます。そのような際自動車保険の会社は、それまでに起こった車での事故の裁判によって導きだされた裁定から決定した元となるもの、判例タイムズをベースに推計と交渉を活用して割合を計算します。と言っても自動車の事故の場合では遭遇したのか巻き込んでしまったのかの如何を問わず、真っ先に110番に連絡するのが大切です。その上で自動車の保険の会社にやり取りをしてその先の協議を頼むのが順番となります。正確な手順さえ分かっていれば、双方の建設的でない話し合いとなるケースを未然に防止できます。